読書

【読書】サラリーマンパパが2月に読んだ本5選

ブログを閲覧していただきありがとうございます。

今回はサラリーマンで2児の父親でもある自分が、2022年2月に読んだ本を5つご紹介します。

読んでいる本は仕事や育児関連の本が多いですが、今回ご紹介する本がみなさんの参考になれば嬉しいです。

ぜひ、最後までご覧ください。

2月に読んだ本のご紹介

2022年2月に読んだ本は以下の5冊です。

① やめる時間術

② 超・箇条書き

③ 外資系コンサルが教えるプロジェクト・マネジメント

④ 転職2.0

⑤ 無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語

たけたけ

今月読んだ本はどちらかと言うと仕事関連の本が多いですね

それでは1冊ずつご紹介していきます!

① やめる時間術

1冊目は尾石晴(ワーママはる)著の「やめる時間術」です。

こちらの本はタイムマネジメントに関する本になります。

著者の尾石晴さんはワーキングマザーであり、長時間労働とワンオペ育児により編み出した時間術に関するスキルが記載されています。

時間がいつもないと感じている方、時間術に関する本をあまり読んだことがない方には特におすすめです。

この本を読むのにおすすめの方

・ワーキングマザーの方

・時間が常にないと感じている方

・子育てと仕事を両立したいと考えている方

たけたけ

この本を読んでみて、まずは理想の24時間を作ってみて、現在とのギャップを確認していきたいと思っています。

② 超・箇条書き

2冊目は杉野幹人 著の「超・箇条書き」です。

会社のドキュメンテーション研修で講師の方が、おすすめの本として紹介していたので購入してみました。

この本では、伝える要点を短く、そして魅力的に伝える手段として箇条書きの活用方法を紹介しています。

仕事で報告書を作成する、会社でプレゼンテーションを行う人にとって、読んで損はない内容かと思っています。

この本を読むのにおすすめの方

・仕事でプレゼンテーションを行う方

・相手に分かりやすく伝えるスキルを身につけたい方

・論理的思考を身につけたい方

たけたけ

私はそもそも文書作成が苦手なため、この本の内容は非常に勉強になりました!

③ 外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

3冊目は山口 周 著の「外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント」です。

私の現在の仕事が、本の名前になっている「プロジェクトマネジメント」業務を担当しているため、気になって読んでみました。

プロジェクトマネジメントは非常に奥が深く、難しい内容の本も多くありますが、最初に読む1冊目としておすすめできる本になります。

実例も交えながら分かりやすい内容で読みやすかったですし、自身の仕事に活かせる内容が多くありました。

仕事でチームリーダーという立場にいる方も読むと非常に参考になると思います。

この本を読むのにおすすめの方

・プロジェクトマネジメント業務を担当している方

・仕事でチームリーダーや管理者を担当している方

たけたけ

プロジェクト・マネジメント業務をやっている自分としてはもっと早く読んでおけばよかったと思った本です!会社の同僚にもおすすめしています

④ 転職2.0

4冊目はLinkedIn日本代表の村上臣 著の「転職2.0」です。

今後の転職に求められる思考・行動様式(=転職2.0)を学べる本になります。

最新の転職事情を知ることができるので、現時点で転職を考えていなくても、いつか転職をしたいと考えている人にも参考になると思います。

読み終えてみて、会社員として働いているすべての方に読んでいただきたい本になります。

この本を読むのにおすすめの方

・会社員の方

・転職を考えている、またはいつか転職をしたいと考えている方

たけたけ

この本を読んで、「株式会社 自分」という意識を持ち、自分の市場価値を最大化する努力をしていこうと思っています

⑤ 無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語

最後は、竹之内 教博 著の「無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語」です。

Youtubeで紹介されたのを見て購入した本ですが、著者はマッサージなどのリラクゼーションで有名な”りらくる”の創業者の方になります。

この本でも一貫して伝えていますが「成功しているものを真似ること」が本作のキーワードになっています。

著者の竹之内さんが歩んできた人生をもとに、様々な考えを触れることができます

この本を読んだことで、初心を忘れ本質を失っていたなと感じ、仕事面に改めて活かすことができる本です。

この本を読むのにおすすめの方

・社会人の方、さらには上の立場の方

・ビジネス(または事業)を大きくしていきたいと思っている方

たけたけ

まずは小さく始めること!これも読んでいて大事なことだと感じた内容です

まとめ

今回は、2022年2月に読んだ本を5つご紹介しました。

① やめる時間術

② 超・箇条書き

③ 外資系コンサルが教えるプロジェクト・マネジメント

④ 転職2.0

⑤ 無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語

読書は非常にコストパフォーマンスの良い自己投資の一つです。なぜなら本を読むことで多様な知識・経験を学ぶことができるからです。

今回ご紹介した本の中で興味が少しでもあれば読んでみてはいかがでしょうか?

今後も読んだ本については紹介していきますので、次回もよければお楽しみください!