ガジェット

【デスクツアー】30代サラリーマンのリモートワーク環境!PC周りのおすすめアイテムを紹介!

ブログを閲覧していただきありがとうございます。

Covid-19拡大により、2020年からリモートワークを開始して約2年ほど経過しました。

そこから少しずつですが、自分のリモートワーク環境が整備してきましたので、これを機に現在のPC周りのアイテム&デスク環境をまとめていきます!

ちなみに今のデスクは以下の通りです。

なるべくデスクにモノを置かない、シンプルなデスクを目指しています。

今回ご紹介しているアイテムは全て現在使用しているアイテムになります。

より良いデスク環境を目指している方は参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

PC周辺アイテム

ディスプレイ | LG モニター ディスプレイ 29WN600-W

ディスプレイはLG モニター ディスプレイ 29WN600-W ウルトラワイドモニターを使用しています。

リモートワーク始まってから即購入したディスプレイになります。

ウルトラワイドモニターを使用している一番の理由は、1つのディスプレイで2つのファイルと並列して並べることができることです。

仕事で、資料チェックやデータ分析などを頻回に行いますが、そのときにウルトラワイドディスプレイだとファイルを何度も切り替えることなく作業ができます。

ちなみに、別の記事でもウルトラワイドモニターのレビューについて記載してますのでご参照ください。

モニターアーム | Amazonベーシック モニターアーム

デスクを広く使いたかったため、現在はディスプレイのモニターアームとして、Amazonベーシック モニターアームを使用しています。

ウルトラワイドモニターを買った後はしばらくデスクに置いて仕事をしていたのですが、それなりに大きいモニターなのでデスクのスペースを取られてしまい、かなり窮屈でした。

ちなみに1年前の私のデスクの状況です。(デスクが今より横幅20cmほど小さいです)

しかし、モニターアームを使用することでデスクのスペースに余裕が生まれて、仕事が快適にできるようになりました。

また、モニターアームによりディスプレイの位置を自由自在にできることで、自分の身体に合わせた高さに調整できるようになりました。

キーボード | ロジクール KX800 MX KEYS 

キーボードはロジクールのKX800 MXです。

1年半以上使用していますが、今も快適に使っています。

個人的にこのキーボードでおすすめなのが打鍵感です。

指先の形状に合った球状にくぼんだキーにより、キーのどこからでもキーストロークが滑らかに打てます。

なお、キーボードレストとして、同じくロジクールのパームレストを使用しています。

これがあることで、長時間の作業も作業も快適に過ごせています。

マウス | ロジクール MX Master 3

キーボードと同様、常に使うマウスも良いものにしたく、ロジクールのMX Master 3を使用しています。

こちらのマウスは手にしっかりとフィットして、長時間使用しても疲れにくいです。

また会社用と私用のPCを二つ持っているため、切り替えるときに裏のボタンを押すことでPCをすぐに切り替えることができるのも気に入っています。

タブレット | iPad Air (第4世代)

仕事のスケジュール管理やメモなどは、全てiPad Airで管理しています。

キーボードを使うよりはApple Pencilを使ってメモを取っていることが多いです。

Webカメラ | ロジクール Web カメラ C920n

現在のデスクでは、リモートワーク中はPCを閉じて(クラムシェルモードで)作業しているため、PC内蔵のカメラが使用できません。

そのため、外付けのWebカメラとしてロジクール C920nを使用しています。

サイズ感的にもちょうどよく、Web会議中の画像も綺麗に写っているので満足です。

ただし、たまにピントがずれるのでそこは少し不満です。

ただ、そこは業務上、大きな支障は及ばさないので、あまり気にしてはいません。

PCスタンド | OBENRI PCスタンド

仕事中はPCは閉じて使用しているので、OBENRIのPCスタンドを使用しています。

自分はPCが仕事用とプライベート用と二つあるため、2台置けるPCスタンドを探していて、こちらの商品を選びました。

この商品はホルダー幅の調整が可能なので、そのPCの幅に合わせてピッタリ置くことができます。

なお、PCはデスク上には置かず、デスク横に棚を設けてそこに設置しています。

これにより机の作業スペースを広げることできるので作業効率が上がります。

ケーブルホルダー | Anker Magnetic Cable Holder 

複数のケーブルをまとめるため、AnkerのMagnetic Cable Holderを使用しています。

このホルダーを使用してからは、ケーブルがどこかにいくこともありません。

充電したい時は使用したいケーブルだけ磁石から外すことで、楽して充電に取り掛かれます。

ヘッドフォン | Shokz OpenComm

Web会議などで重宝しているのが、ShokzのOpenCommです。

この製品はオープンイヤータイプで耳の穴を塞ぐこともなく、重さも33gと軽いため、長時間つけていても疲れないです

今まで音声トラブルは発生したことがなく、高価な製品でしたが本当に買ってよかった製品です。

なお、本製品のレビュー記事はこちらです。

イヤフォン | AirPods Pro

仕事に集中したいときに使用しているのが、AirPods Proです。

業務中にテンションが上がる音楽を流したり、集中して作業するときはノイズキャンセリング機能で外の音が聞こえないようにと工夫しています。

なお、イヤーチップはComplyのイヤーピースを使っています。

元々付いているピースが破損してしまったこともあり同製品を購入しましたが、遮音性が向上したため集中する時はもってこいですね

デスク周り

デスク | CJMM パソコンデスク

デスクはCJMMのパソコンデスクで横幅100cmのものを使用しています。

最初はスタンディングデスクができる電動昇降デスクを購入しようか悩んだのですが、予算の都合上、1万円以内で購入できるデスクとしてこちらを選択しました。

個人的には木目調かつこの色合いが気に入っています

また表面がデコボコしているようにも見えますが、しっかり加工されていて紙にボールペンで書いてもガタガタにはなりません。

椅子 | イトーキ オフィスチェア YL6-BLEL

椅子はイトーキのオフィスチェア YL6-BLELです。

値段は2022年1月時点で2万円台の製品ですが、コストパフォーマンスがとても良いと感じてます。

長時間座っていても疲れにくくなりましたし、背面はメッシュになっていて快適です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は私が現在使用しているPC周辺アイテムとデスク環境についてご紹介しました。

仕事をする上で、自分のデスク環境やPCアイテムによっては作業効率化が大きく異なってきます。

私も2年近くかけて今でのデスクへと進化していきましたが、まだまだリモートワークが続く方々は仕事環境をアップデートしてみてはいかがでしょうか。

私も引き続き、自分の仕事環境をアップデートしていこうと思います。